インターネット ファイル共有ソフトでダウンロード!の記事一覧

スポンサーサイト

「Winny(ウィニー)」でアニメウイルス!?

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」で拡散する新たなウイルスが確認された。このウイルスはアニメのMP3ファイルに見せかけられており、実行するとウィニーの使用を警告するアニメ画像が表示される。とともに、パソコン中のファイルを削除・上書きする。これにとどまらず、「C:\Program Files」配下のファイルすべてを削除する。このウイルスには"Trojan.Pirlames"という名称が付与されている。ウィニーhttp://headlines.yaho...

スパイウェア・ウィニーなどのP2Pのファイル交換ソフトに対応

P2Pのファイル交換ソフトのユーザーは、バージョンアップが停止したウィニーからShareやBitTorrent、ライムワイヤーなどに移行しているようだ。ネット攻撃の標的は、最近は無差別なもの(マス型)から特定の標的を狙うもの(スピア型)に変わってきた。スパムメールの送信にはボットネットと呼ばれるマルウェアによって遠隔操作できるPCがネットワーク化したものが使われている。フィッシング詐欺サイトの作成ツールがアンダーグラ...

Samba最新リリースで3件の脆弱性を修正

ファイル共有ソフトSambaで脆弱性を修正した最新版が公開されました。オープンソースのファイル共有ソフトウェア「Samba」の最新リリースが公開されました。3件の脆弱性に対処しています。最新リリースのSamba 3.0.24では、smbdのDoS問題Solarisで動作するnss_winbind.so.1ライブラリのバッファオーバーフロー問題afsacl.so VFSモジュールのフォーマットストリング問題の3件が修正されています。Samba3.0.24のソースコードはSamba...

「ウィニー」に流出した情報の拡散を防止

ウィニーはファイルを検索、ダウンロードするために「ファイルキー情報」を用いています。「ウィニーファイル情報漏えい拡散防止サービス」サービスはこの仕組みを逆手に取ったもので、拡散を防止したいファイルについて偽のファイルキー情報を次々と送り込みます。そして元のファイルキー情報を上書きすることで、当該ファイルのダウンロードを困難にするというもの。このP2P型ファイル共有システム「ウィニー」に流出した情報の...

ウィニー対策はファイアウォール強化拠点VPNルータで!

ヤマハのSOHO・中小規模事業所向けのVPNルータ「ファイアウォール・ルーター SRT100」不正アクセス検知といった企業向けルータが搭載するファイアウォール機能を強化した点が特徴です。SOHO・中小企業のウィニー対策はファイアウォールを強化した拠点VPNルータ。不正アクセス検知といった企業向けルータが搭載するファイアウォール機能を強化した点が特徴。セキュリティ機能では、パケットフィルタリングのほかアプリケーションの...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。